一夜限りのアバンチュールや不倫、セフレ、近親相姦、中出し、SM、露出、寝取り等々...みんなのエッチ体験告白サイト!
ユーザー登録 | ログイン | 検索
 ユニークユーザー
本日 
昨日 

みんなのエッチ体験談

表示順 新着投稿
ユーザー名:

パスワード:

ログイン情報を保持:
身近な人には話せない、でも誰かに聞いて欲しい・・・そんな秘密のエッチ体験談をあなたも投稿してみませんか!!
  • みんなのエッチ体験談の投稿はこちらから、サイトの機能説明はこちらからご覧いただけます。
  • 体験談に表記されている 『投稿者名』 をクリックすると、その投稿者が今までに投稿した全ての体験談をまとめて閲覧できます。
  • ユーザー登録&ログインせずに投稿された体験談の投稿者名は 『匿名』 と表記されます。
  • 新着エッチ体験談
     
    人気エッチ体験談
    15
    いいね!

    鬼姫様と俺物語

    投稿者 コピペさん (#1)    投稿日 2957 日前
    思い出話だけど、以前病院で事務当直の仕事をしていた時、(事務当直って要は夜の病院の事務員のことね)「鬼姫」って仇名されてる外科の女医さんと仲良くなった。

    この先生は俺より5つ上だったから、当時35歳。
    背が低くて見た目35といってもどこか幼さの残った童顔の美人さんだったんだけど、気が短くてすぐに怒鳴り散らす、しかも空手の有段者というメチャクチャ怖い先生で、皆から一目置かれてて「鬼姫」って仇名されてたんだ。

    後輩の研修医とか何度怒鳴られてたか。
    腕は良かったみたいだし、どんな患者でも受け入れてくれるから患者からの人気は高かったけど、我々病院関係者の間では正直評判の悪い人でした。

    俺もこの鬼姫様には何度怒られたか。

    初当直で顔合わせをした時、見た目美人だからいいなあ、と思って幻想抱いたのもつかの間、
    「カルテの用意が遅い」とブチ切れられて事務部長に報告されたり、
    » 続きを読む
    15
    いいね!
    当時通っていた予備校の近くにCanCam系が好きそうなアパレル店があった。
    簡単に言うとそこのお姉さんに片思い中だった。通りすがりによく顔が見えていたので。
    どうせ駄目だろうと、思い切ってアドレスを店のレジに手渡す。
    恥ずかしくて死ぬかと思った。

    しかし、翌々日。「一度会いましょう」とメールが。
    会ってみたら好意を寄せてくれたのではなく、「彼氏がいる。ちゃんと会って話してみれば、やっぱり合わないかもって思うだろうから」とのこと。
    まぁそんなもんだろうと思い、2人で昼食へ。

    その女性は、当時の俺より7つ上。
    見た目はまぁアパレルにいそうで、身長は低めだが、二の腕とケツが女らしく、乳がでかい女性だった。
    せっかく会えたのにもったいない。と思い、
    「彼女と半年前に別れて、しかも浪人中でいいことがない。」
    みたいに愚痴ってたら、じゃあ家においでということになった。ラ
    » 続きを読む
    15
    いいね!
    彼女(23)と付き合った時は、妹(21)がいる事は結構後で聞いた。
    彼女と同棲してたんだけど、研修で3日間俺一人って時に何故か妹が来た。
    姉に借りてた服を返しに来たんだけどって。
    妹は実家だったけど、俺達が住んでいる所からは日帰りじゃあ無理な距離。
    でも、部屋を訪ねて来たときは、既に18時位だった。
    さすがに帰れとは言えないし、よかったらどうぞってことで部屋に入れた。

    しばらく雑談して、結構盛り上がったけど、あくまで彼女の妹ってのは忘れない程度。
    夕食を一緒に食べて、しばらくTVを見て俺が先に風呂に入った。
    風呂から上がって、妹に一応風呂を勧めた。
    妹が風呂に入ってる間に、布団を隣の部屋に一組敷いて襖を閉めて先に布団に入った。
    妹が風呂から上がって、隣の部屋に入って行った・・・とおもった。

    間もなく襖が開いて、俺の布団に入ってきた「一人じゃ寂しいから・・・」
    » 続きを読む
    社員旅行で山形のとある温泉へ行ったときのことです。
    うちの支店、なぜか男性6名、女性15名という大変アンバランスな比率で、中には40超えたおばさんもいますが、全員独身です。
    午後3時くらいにホテルへチェックイン、早速ほとんどの人が温泉へ向かいました。
    そして夕食までは特に何事もなく、会社の延長のような雰囲気のまま過ごし、夕食後は各々自由に過ごそうという流れになっていました。
    そこで、普段から仲のいい男2女3で飲み始めることになったのです。
    その中での会話はほとんどが会社や取引先の愚痴で、途中熱く語る場面もありましたが、オチは笑い話になるのがほとんどで、結構盛り上がっていました。

    気がつくと午前2時を回っていて、みんなだんだん疲れてきて、あらかじめひいてあった布団に横になりながら話していました。
    私の右隣には巨乳A子、左隣には美人のB子が寝そべっていました。
    そのとき俺
    » 続きを読む
    14
    いいね!

    あくまで浮気だから

    投稿者 コピペさん (#1)    投稿日 2650 日前
    女友達からメールが来て、久しぶりに二人で飲んだ。
    わざわざ呼び出して何の用かな?と思っていたら彼氏に浮気された愚痴を聞かされた。
    週末だったから店を2時間で追い出された後、女友達の部屋に誘われたから行った。

    最初は普通に飲んでたけど、男女が部屋に二人きりだからまあやることは一つなわけで、いちゃいちゃした流れのままソファーでセックスした。
    女友達とは、女友達が彼氏と付き合う前に一度だけセックスしたことがあって、その時はまだ男性経験が一人しかなくてフェラも下手くそだったんだけど、数年ぶりにしてもらったらフェラがメッチャ上手になってた。
    思わず声を出したら女友達も喜んでて、
    「出したくなったら出して良いよ」
    って言うから口の中に出したら、精液を飲んでくれてお掃除フェラまでしてくれた。

    今まで、口内射精はしても飲んでくれた彼女はいなかったから
    「彼氏に仕込まれたの?」
    » 続きを読む
    【前編有り】 投稿者名をクリックするとこの投稿者の全ての体験談が一括表示されます!

    話は変わるのですが、私には姉がいて、私が小学生の時に姉は中学生でした。
    母親がPTAの関係で中学に行く事があり、その時にヒマな私は自転車に乗せられて中学校まで一緒に行き、放課後の校内をブラブラする事がありました。

    私が小6になり、姉が中学生だったその日、特に大きな理由もなく私は母親について中学に行きました。
    当然、自分が小学校を卒業したら通う中学校です。
    中学校の校内をブラブラしてると、中学生のお姉さんに構ってもらう事もありました。

    まあ、それはともかく・・・校舎の中をブラブラしていたらあのお姉さんと廊下で遭遇しました。
    中学生のお姉さんと話をしながらこちらへ歩いてきたのを見てびっくりしました。
    私を見て、向こうは私以上にびっくりしたでしょう。
    先生は、私を見て固まったので、
    » 続きを読む
    私は、結婚して2年目の時に支店に転勤になり、そこで妻が子供を妊娠して、出産のために実家に帰ったため、2ヶ月程度の独身生活に戻りました。
    住居は会社が借り上げているマンションだったのですが、隣は経理課のA子(28)夫妻が住んでいました。
    A子の旦那は他社に勤めており、単身赴任でいませんでした。
    当時は独身生活で、レンタルビデオ屋に行ってはAVを借りて、シコシコとオナニーに励んでいました(笑)。

    ある日曜日の午後、午前中は快晴でしたので布団を干していました。
    隣のA子も同様です。
    しかし昼過ぎから突然雨が降り始め、私はベランダに行き、布団を取り込みました。
    しかし、A子のはまだ取り込まれていません。
    A子が外出した様子もないので、お節介でしたが隣へ行き、チャイムを押しました。
    5回ほど押した後、A子が出てきました。
    雨が降っている旨を告げると急いでベランダへ行きました
    » 続きを読む
    14
    いいね!
    地方都市のターミナル。
    飲み会も終わって最終電車で帰ろうかってときに、酔っ払いさんとぶつかった。
    もともと身長高くない自分だけど150cmくらいの女性で、自分よりさらに一回り小さかった。
    向こうも酔っ払っていたようで、ふらふらで大丈夫?と声かけたら、電話をしていたみたいでなぜか手を握られて電話が終わるまで立ち尽くし。

    電話が終わって
    「あれ…?」
    「ん?大丈夫?」
    「あ…」
    とわけのわからないまま見つめあい。
    「大丈夫?電車は?」
    「あ、気にしないで!」
    「貴女は?」
    「ん…●●線…」
    「それもうないですよ…」
    しばし沈黙。
    困っておれから
    「ん~んじゃ一緒に飲み行く?」
    「あ!水のみたい!」
    となって、水を渡したら今度は「寒い!」とか言い出した。
    結局この後居酒屋へ。

    二人でふらふらしながら朝までやってる安居酒屋へ。
    ここで小一時間話を
    » 続きを読む