一夜限りのアバンチュールや不倫、セフレ、近親相姦、中出し、SM、露出、寝取り等々...みんなのエッチ体験告白サイト!
ユーザー登録 | ログイン | 検索
 ユニークユーザー
本日 
昨日 

みんなのエッチ体験談 » 友達・知人・同僚

表示順 新着投稿
ユーザー名:

パスワード:

ログイン情報を保持:
身近な人には話せない、でも誰かに聞いて欲しい・・・そんな秘密のエッチ体験談をあなたも投稿してみませんか!!
  • みんなのエッチ体験談の投稿はこちらから、サイトの機能説明はこちらからご覧いただけます。
  • 体験談に表記されている 『投稿者名』 をクリックすると、その投稿者が今までに投稿した全ての体験談をまとめて閲覧できます。
  • ユーザー登録&ログインせずに投稿された体験談の投稿者名は 『匿名』 と表記されます。
  • 新着エッチ体験談
     
    人気エッチ体験談
    4,5年前の話なのでうろ覚えの部分もあるのだが投稿。
    大学時代のバイト先での話なんだけど、当時遠距離で付き合ってた彼女と別れてしまって寂しい思いをしてた。
    スライド式の携帯の待ち受けをその彼女の写真にしてたこともあって彼女がいたことも同じ職場の人はみんなしってた。
    勿論別れてしまった事もすぐ職場でも広がっていたので気を使ってくれる人もいたんだ。
    そこでバイトの後輩の女の子が出てくるんだけど、デブではないがどちらかと言えば少しぽっちゃりした感じの子で自分にとって初めての純粋な後輩(その子が来るまで年上だったり年下でも自分よりキャリアがある人だけだった)で結構可愛がってた。
    顔は少しパーツが大きくてエキゾチックな感じだった。

    特に好みではなかったんだけどいい子なんで仲良くやって、色々悩み相談とかもしてもらっててね。
    さすがに詳細は忘れてしまったけど、なんやかんやで俺の心の傷
    » 続きを読む
    5年くらいの付き合いのある友人に彼女ができた。
    初めてその彼女を見たときはかわいいな、くらいに思ってた。

    ある日から、その彼女とメールをやりとりするようになった。
    最初はなんてことない話。
    そのうちに、友人とうまくいかなくなってきているってことを彼女は語りだした。
    原因は友人があまり彼女をかまわなかったこと、おたがいが一つ県をはさんだ場所に住んでいる中距離恋愛だということ。

    なんか元気づけてあげたいなーというのが30%
    これを機に、しめしめ仲良くなれるかなというのが70%
    心の中のデビルが少し眼を覚まし始めたようで・・・

    ある金曜日の夕方、たまたまいつもより家に早く帰ることができた。
    車で向かえば、20時には彼女の家の近くにはつく。
    もちろん、住所なんてしらないが。

    よし、思い切っていってみよう。
    車をとばして、適当なところで電話をかけてみる。
    » 続きを読む
    膝の手術で入院したときの事。
    看護婦の中に中学校のときの同級生Yがいた。
    しかも元カノ。
    元カノといってもキスもしたこともない付き合いで、別々の高校入って自然消滅した以来だった。

    手術当日、腰椎麻酔のための浣腸をする看護婦がYだった。
    俺「なんでお前が担当なんだよ!」
    Y「知らないよ~、私だってやりにくいんだから~」
    などと言いながら仕方なく2人でトイレに。

    事務的に淡々と浣腸の準備をするY。
    Y「下脱いで待ってて下さ~い」
    俺は点滴をしていない方の片手で病衣を下ろす。
    若干変な興奮を覚え半勃起になってくるのがわかる。
    Yが浣腸をもって近づいてくる。
    片手で点滴のスタンド、もう一方の手で手すりを掴んでいるので、Yに背を向けようとしたとき病衣の間からおもいっきりチンポがでてしまった。
    勃起してるの見られたかも…。

    躊躇すると余計あやしいと思い自分か
    » 続きを読む
    あれは俺が中1の時だった。
    隣の家に越してきた奥さん(当時24~5)との想い出。
    割と記憶はハッキリしてるので、話した事やらは正確なはず。

    俺の家も奥さんの家も同じボロい貸家だから、今で言うセレブって感じでは無かったな。
    高岡早紀似で優しそうな顔立ちで、新生児を持つママさんだった。
    俺は赤ん坊に興味を持ち、あやしたりしに良く遊びに行っていた。
    奥さんも歓迎してくれ、お菓子を出してくれたりTVゲームをやったりと仲は良くて。
    当時流行ったディスクシステムを持って無かった俺は、半分はディスクシステムをやる目的で通った。

    スペックを。
    俺→フツメン、運動は出来るタイプ。暗くも明るくもない。
    奥さん→高岡早紀似、小柄でエプロンが似合う笑顔の可愛いロリ顔。

    仮に名前を早紀としよう。
    ある日、いつものように遊びに行き…赤ん坊をあやしていたら大泣きした。
    赤ちゃんが
    » 続きを読む
    1
    いいね!

    ホテルでバイトしてた時の話

    投稿者 コピペさん (#1)    投稿日 2363 日前
    フロントで社員だったBさん。俺が入社した時から色々と親切にしてくれた。
    俺の勤務時間は夜19時~翌朝9時まで。
    彼女は朝8時から夕方18時まで。
    つまり殆ど顔を合わさなかったんだけど、朝の僅かな時間(小さなホテルだったんで2人きり)にやたらと密着してくるわけ。
    俺はほぼ徹夜状態(睡眠3時間程)なんだけどそんな時って激しく勃起するんだよね。

    そんなある朝、宿泊客のチェックアウトも早く少し暇な朝だったんでフロント裏の倉庫の整理をしてたんだ。
    そしたら彼女が出勤してきた。
    彼女は顔は可愛くないが身体はナイスバディ。
    出る処は出て、引っ込む処は引っ込んでる。
    自分の容姿には自信がないと言っていた。
    少しアトピーもあったみたい。
    彼女は俺が居る倉庫に入ってきて、整理を手伝いだした。
    狭い倉庫なので彼女の良い香りが倉庫の中に充満してた。
    俺は激しく勃起。

    間近にい
    » 続きを読む
    学生の時にバイトしてたコンビニのバイト仲間の女子大ブスを抱いた事ある。

    テキパキ仕事する店長からも信頼の厚いブス。
    さすがに女性ということもあって、夜中勤務は、無かったんだが、急に夜中勤務の奴が風邪でこれなくなって、急遽ブスと勤務になった。
    俺が昼間勤務の時に何度か一緒に勤務をした事はあったんだが、夜中は初めてだった。
    その日は、雨と言う事もあって暇な勤務だった。
    暇ななかでも、ブス子は品出し、掃除と動き回ってた。
    トイレ掃除をしている後姿、形のいいお尻を突上げ掃除する姿に、品出ししながらチムポが硬くなっていた。

    一通り片付けを終え色々話をすると、案の定?今まで男性と付き合ったことがないらしかった。
    今は、アパートに一人暮らし。
    実家は、信州の田舎で農家、化粧ッ気がないのはそのせいか?
    しばらくすると、次の勤務の人が来て交代を告げてきた。
    二人して勤務を終え
    » 続きを読む
    2
    いいね!
    昔の話だが書いてみる。

    俺  :大学4年
    相手:高校2年

    知り合った場所はゲーセン。
    俺がゲームしにくとほぼ毎回いて仲良くなって、付き合うことになった。
    付き合うと言っても相手が
    「欲しい物がある」と言って
    「彼女なら買ってあげるのに」と言ったら彼女宣言してくれただけ。

    そして休みの日によくわからんメーカーのバッグを買ってあげた帰りの話。
    「彼女になってくれたんだよね?疲れたからホテルで休憩する?」と聞いたら簡単にOK。
    ホテルに入って最初に一緒にお風呂に入った。
    その時点で相手の裸を見てフル勃起。
    そして「洗ってあげるね」と言われ洗ってもらったが、仮性で皮が多かったので「皮多いね」と言われてしまった。
    でも大きさは普通らしい。

    洗い終わった後にフェラを頼んでみたら「ここで?」と言われたがOK。
    口は手よりも更に気持ちよかった。
    一番良かっ
    » 続きを読む
    5
    いいね!
    俺は18歳の時から4年間、大阪の某百貨店の洋食屋の厨房でコックをして働いてました。
    そして俺が20歳の時にホール店長として当時35歳独身の女の人が本社から転勤してきました。
    顔は国生さゆり似で、その人はいかにもキャリアウーマンで本社の信頼も厚くて、実績もあります。
    当然、うちの店に来てからもバイトの女の子や厨房のコック達からも尊敬されてました。

    その人(須藤サン)が転勤して来てから半年ぐらい経った頃の事です。
    俺は久しぶりの早番で夕方に仕事が終わって、エレベーターを待ってると休みのはずの須藤サンがやってきました。
    どうやら百貨店の店長会議だったみたいで、会議を終えて須藤サンも帰りでした。
    「おつかれさま~。今日は早いね?ご飯食べた?
     私、何も朝から食べてないねん。ご馳走するから食べに行けへん?」
    と、気軽に誘われました。
    俺はその誘いに、予定もなくて給料日前だっ
    » 続きを読む