一夜限りのアバンチュールや不倫、セフレ、近親相姦、中出し、SM、露出、寝取り等々...みんなのエッチ体験告白サイト!
ユーザー登録 | ログイン | 検索
 ユニークユーザー
本日 
昨日 

みんなのエッチ体験談

表示順 新着投稿
ユーザー名:

パスワード:

ログイン情報を保持:
身近な人には話せない、でも誰かに聞いて欲しい・・・そんな秘密のエッチ体験談をあなたも投稿してみませんか!!
  • みんなのエッチ体験談の投稿はこちらから、サイトの機能説明はこちらからご覧いただけます。
  • 体験談に表記されている 『投稿者名』 をクリックすると、その投稿者が今までに投稿した全ての体験談をまとめて閲覧できます。
  • ユーザー登録&ログインせずに投稿された体験談の投稿者名は 『匿名』 と表記されます。
  • 新着エッチ体験談
     
    人気エッチ体験談
    11
    いいね!
    メル友で実際に会えた19でヤンキーで金髪レディースって感じの子なんだが、顔はかわいくて見た目は街にいる結構カワイイ子だったから、ジャージで来たが大当たり!って思って速攻ホテルへ。

    いざ前戯を始めるとものすごい感じ方&かなりカワイイ声の喘ぎ。
    ジャージなので一枚下はすぐ下着。
    胸をちょっと触っただけでもビクビク。
    シャワーも無しでとりあえず手マン。
    はずかしいって連呼しながらあそこは洪水。
    手マン中もグチュグチュ音が恥ずかしいらしく、
    「音・・・ハズイ・・・」
    って可愛く言うもんだから、グチュグチュにした指を一気に抜いて断りもなく一気に生挿入。

    それだけ濡れてるからすぐ入るのは当たり前なのに
    「すぐ入っちゃうなんて・・・」
    って恥じらう始末。
    喘ぎ声の可愛さとヤンキースタイルのギャップにやられながら突きまくり。
    バックで突きながらブラはずして、服脱がして、
    » 続きを読む
    大学四年の夏休みに東京で一人暮らししてる幼なじみの部屋に泊まりました。

    小さい頃は、女の子の方が成長が早かったから、昔から彼にはお姉さんの様な接し方をしてきました。
    お互いに恋人がいたから、その時も昔と変わらず気兼ねなく過ごすつもりでした。

    彼がベッドに寝て、私は床に布団を引いてもらいました。
    暑かったのでタオルケットにトランクスで彼はベッドに入りました。

    互いが風呂から上がった後、灯りを豆球にした状態で話していたのですが、次第に彼の返事が空ろになり始め、しばらくして彼は完全に寝てしまいました。
    私も観光で疲れていたので、うとうとと眠りに入りました。

    しばらくして、暑さで私は起きてしまいました。
    暑かったのでクーラーを付けさせてもらおうとしましたが、リモコンがどこにあるか解らなかった為、仕方なく目がなれるまで待ちました。

    目が慣れてきてようやくリモコ
    » 続きを読む
    兄は単身で転勤。
    家には母親と俺より若い義姉と俺の三人住まい。
    義姉と関係を持ち始めて2年。
    兄の代わりに義姉のマムコが干上がらないように、いつも潤わせてあげてる。

    さっき母親が帰ってきたが、今日は朝から出かけてくれたおかげで、義姉とゆっくり時間を過ごせた。
    相変わらず、チムポを咥え込んだら絞めつけチムポを離さないマムコ。
    先週の土日に兄貴が帰ってきて、義姉に中出ししてくれたおかげで、今日は何度も義姉の中にザー汁放出。
    膣口にチムポが当たるたび声をあげ感じる義姉、髪振り乱して体震わせ果てる義姉。
    チムポを挿入すると、チムポに伝わる義姉の膣壁のイボイボ感に膣中が蠢くようにチムポを絞めつけながら腰振られるもんだから、即放出。


    【義姉のスペック】
    義姉に聞いたらT159 B84 W59 H83だそうだ。
    義姉は28歳、Dカップ、似てるといえば紀子様と松下由樹を
    » 続きを読む
    10
    いいね!
    中出しがやめられない23の女です。
    いつも浮気相手に中に出されちゃいます。
    前はピル飲んでたんだけど、ピルやめてからも、抵抗できないのと中出しの気持ちよさからアソコの奥に毎回たっぷり出されてしまいます。

    先週金曜日、排卵日が近いからゴムつけてsexしてました。
    そしたら彼が
    『やっぱナマでやりたい』と言ってゴムを取り、私の入り口に先っぽをくちゅくちゅと擦り付けてきたんです。
    『妊娠しちゃうからダメ』って抵抗したら、手首を押さえつけられ
    『外に出すからいいだろ?ナマの方が気持ちいいし…少し入れるだけだから』と言ってナマで挿入されました。

    私も久々にナマで入れられて、だんだん気持ちよくなり、外出しなら大丈夫だと思って喘ぎ声をあげてしまいました。
    バックの体勢で突かれ、騎乗位で腰を振り、正常位に戻って突かれながら、自分でクリをいじらせられました。
    乳首や首筋を舐めら
    » 続きを読む
    この話は俺が18歳で新入社員の時の歓迎会の話です。
    まずは登場人物紹介。

    『俺』→高卒で新入社員。

    『古瀬サン』→確か当時34歳でアネゴ肌のキャリアウーマン。
    仕事は出来るが、外見は下の上ぐらい。
    細身だけどお世辞でも綺麗とは言えない。
    独身で彼氏なしみたい。

    『高島サン』→たしか古瀬サンの1つ下で33歳。
    でも古瀬サンとは10年以上の付き合いで仲良し。
    スタイル普通。
    顔は古瀬サンと同様で決して美人とは言えない。
    当然独身。

    入社して3週間ぐらい経ち歓迎会をしてもらった。
    俺が配属になった部署に男の新入社員が配属になるのは6年振りみたいでした。
    しかも男の社員の人は全員30歳以上。

    一次会は居酒屋で15人ぐらい参加してくれて、二次会はカラオケ。
    さすがに年配の方は参加せず、俺を含めて6人だけでした。

    カラオケが終わる時にはもうす
    » 続きを読む
    10
    いいね!
    担任スペック
    教科は音楽
    俺より10歳年上
    身長160くらい、体型は肩幅広い以外は普通体型

    俺スペック
    179 66 多分フツメン

    高校時代、俺は特に目立つわけではなかったが、みんなとワイワイやったりしてどちらかと言えばリア充だった。
    3年間彼女いなかったが。

    担任は、教師の中では若く女だったこともあり、結構いじられキャラ的なポジションだった。
    俺ももちろんよくからかってた。

    俺の学校はかなり頭が悪く、地元の私立Fランに受かればかなり優秀と言われてた。
    俺は他県の国立大に合格したんだが、それはうちの高校から見れば史上初かもしれない快挙だった。
    駅弁大なんだけどさ。

    だから先生は卒業式の時、
    キミのおかげで私の評価も上がったよ
    と喜んでいた。

    ちなみに、この時は別に先生を好きとかはなかった。

    時は進み、俺は大学を卒業して地元県に
    » 続きを読む
    以前住んでたマンションでのこと・・・・
    そこでは、月に1度住民による清掃がありました。
    駐輪場や空いたスペースのごみ拾いなど2人1組ペアになって清掃しました。

    その日は、8月のとても暑い日で朝から気温が高くとても大変でした。
    私は隣の奥さんとペアでした。
    30代前半、水野美紀似ですらっとしててそれでいて胸、お尻は大きくタイプでした。
    2人で駐輪場の自転車の整理、またごみ拾い等行いました。
    奥さんはTシャツにジーパンで、汗をかいており首の下あたりが濡れていました。
    朝からの清掃がようやく終わり、参加住民みんな暑い、暑いって言ってました。
    私は、奥さんに終了の挨拶をし帰ろうとした時、
    「よかったら、冷たいものでもどうですか~」っと誘われました。
    「いいんですか~、ありがとうございます」
    奥さんのお宅におじゃましました。

    部屋の中は、綺麗に片付いておりやはり女
    » 続きを読む
    10
    いいね!

    私は上司に犯されました

    投稿者 コピペさん (#1)    投稿日 3058 日前
    26歳の会社員です。私は、結婚していて夫がいます。
    でも、いつも、男の人たちは、私が結婚していることを知っていて誘おうとします。
    「人妻」というのは、一つのブランドなのですか?
    男の人たちは、若い子が好きだと思っていましたが、「人妻」というのは後腐れなく遊べるという、そんな気楽さの対象なのですか?

    私は、上司に犯されました。
    部長は、私が結婚しているのを知っていて、私に関係を迫り、犯したのです。

    私は、仕事で新しいプランを提出することになっていました。
    自分が中心になるのは初めてで不安だらけだったときに、その隙をつかれたのです。
    わらにもすがる思いだった私は、「相談に乗る」という声に、疑いもなく出かけ、そして犯されてしまいました。

    最初は、きちんと仕事の話をしていたのです。
    でも、部長は必要以上に私の身体に触れだんだん妙な動きをするようになりました。

    » 続きを読む