一夜限りのアバンチュールや不倫、セフレ、近親相姦、中出し、SM、露出、寝取り等々...みんなのエッチ体験告白サイト!
ユーザー登録 | ログイン | 検索
 ユニークユーザー
本日 
昨日 

みんなのエッチ体験談

ユーザー名:

パスワード:

ログイン情報を保持:
身近な人には話せない、でも誰かに聞いて欲しい・・・そんな秘密のエッチ体験談をあなたも投稿してみませんか!!
  • みんなのエッチ体験談の投稿はこちらから、サイトの機能説明はこちらからご覧いただけます。
  • 体験談に表記されている 『投稿者名』 をクリックすると、その投稿者が今までに投稿した全ての体験談をまとめて閲覧できます。
  • ユーザー登録&ログインせずに投稿された体験談の投稿者名は 『匿名』 と表記されます。
  • ホテルのラウンジで戸田さんが微笑む。
    夜景も酒の甘みも申し分ない。

    戸田「○○さん、もっとしゃべってくださいよぉ。私、○○さんの話好きですよ」

    俺は突然の指名に困惑することしきり。

    戸田さんは、俺の職場に出入りする取引先企業の営業さん。
    戸田さんと呼んでいるが、ルックスが戸田恵梨香に似ているということだ。

    戸田さんは先ほどから、他愛のない話に短い矯声を上げ笑い、酒気をはらみ、潤んだ上目で俺を見る。
    その左手は俺の太ももに置かれ、彼女が笑うたびに、微妙に股間のほうへ落ち込んでは、またもとのポジションに戻る。
    何の意趣か?

    俺「ちょっと、戸田さん、酔ってるんじゃない?」
    戸田「まだ水割り2杯だけじゃないですか」

    まずバックグラウンドについて書く。
    俺は地方にある某市の二次救急指定の地方中核病院の職員だ。
    スレタイにある営業さん(以下、戸田さん)とは、俺の職場であるところの病院に出入りする医薬情報担当者という、業界でいうところの25歳のMRさんだ。

    なぜ俺ごときが医薬品メーカーの営業さんから性接待を受ける恩恵にあずかったのか? 
    それは俺の病院内での特異なポジションに由来する。
    どういうことか、早い話、俺は病院最大の実力者(以下、ボス)の腰ぎんちゃくなのだ。
    俺の病院は地域の外科系診療科を大部分カバーしており、一般外科、産科、整形外科、泌尿器科などに関する外科手術を最大のウリにしている。
    ボスは、外科系診療科にまたがる、さらに病院最大のウリである手術に関し、すべての権限を掌握する事実上の病院一の権力者なのだ。
    外科系診療科、たとえば消化器外科、乳腺外科、産科の各部長も俺が仕えるボスの意向には全く逆らえない。
    ボスの機嫌一つで手術のスケジュールが差配されるため、みなボスの言いなり。
    普通、病院内である一定の影響力を持つ内科部長も全くボスには頭が上がらない。
    病院の理事長の経営方針によるらしい。

    さて、なぜ俺のような若輩者がボスの腰ぎんちゃくとして病院内ででかい顔ができるようになったかと言うと、ボスの趣味に深く共感するところがあったからだ。
    初めて俺が赴任したとき、当然各科を回り、責任者に挨拶する。
    そこで、ボスのオフィスへとお邪魔したときのことだ。
    ボスの執務机の上や壁にはポスターやフィギュアが置いてあった。

    んんんんん???

    と、挨拶後に目を凝らすと、それは航空自衛隊のF-2戦闘機のポスターであった。
    卓上のおもちゃはメーサー戦車だったのだ。

    「ボス、F-2お好きなんですか?
     僕もF-2ちゃんは、銀河ちゃんや鍾馗ちゃんと同じ位の美人ちゃんだと思いますwwwww」
    そこからボスの、盛り場の反吐を見るような目から、俺を見る目が変わった。
    よく見ると、机の上には雑誌の丸やMAMORが積まれている。
    ボスは軍事オタクだったのだ。それも重度の。
    机の引き出しからしずかちゃんの愛銃でおなじみのワルサーPPKや、ルガーP08のエアガンを見せびらかす。
    俺はボスの趣味のよき理解者として、地元連隊の基地際、観艦式、防衛大文化祭などに伴われ、徐々に信頼を得ていった。
    しかし、何が決定的だったかと言えば、ボスの一番愛するF-2ちゃんを俺がひとしきり褒め上げたことによる。
    ボスは、アメリカにレ●プされて生まれた子などの罵詈雑言を浴びせられつつも、健気に日本の空と海を守るF-2ちゃんが水よりセクロスより、食事より、空気より大好きだったのだ。

    ボスは病院に暴君として君臨している。
    気に入らないメーカーさんに俺を含む配下どもに集団で電凸させたり、栄養士に自分専用の料理を作らせたり、気に入らない職員を便所サンダルで滅多打ちにしたり。
    ボスの配下筆頭であるところの俺も、俺の意思とは別にボスと行動をともにしているがために嫌われてる。
    そりゃもう、病院中から実際の行動で示されてはいないがへびトカゲのごとく嫌われている。

    さて、戸田さんがしばらく現れなかったスマン。
    戸田さんは医薬品情報提供という名目で毎日わが職場に現れるのだが、医薬品情報はもっぱらメーカーの学術部まかせで、女の色気とメーカーのグッズを伴い、新しい商品の採用を病院に陳情にやってくる。
    戸田さんはかわいい。
    いつも我が所属部署にやってきては笑顔で挨拶をくれる。

    戸田「こんにちは○○さん! この間の問い合わせの件、お役に立てましたでしょうか?」
    ハキハキしており背筋もよく、男ならまず好印象を持つはず。

    看護師A「いつも愛想笑いで気持ちワリイwwwww」
    薬剤師A「色んな病院の医者と寝て受注とってるらしいわ。あのクソビッチwwwwww」
    女医A「ウチと他の男の医者と態度全然ちゃうやんけwwwwwwwwwww」

    と、こんなところ。
    病院にやってくるMRさんは男がほとんどで、女は3人ほどなんだが、色気はずば抜けて戸田さん。
    それゆえか、戸田さんには体を張った受注競争という噂が常に付きまとっていた。

    まぁ女性ではないが男性の営業さんも性接待に余念がないんだが。
    誤解しないでほしいのは、男の営業さんはわれわれに、いわゆるプロの女性の店を紹介してくれる。
    俺もボスも何度もその恩恵に預かっている。
    もちろん、代金は向こう持ちで。
    医療者は遊び方を知らないやつが多い。
    この手の攻めで結構簡単に落ちる。

    さて、なぜ俺が戸田さんのターゲットになったか。
    戸田さんとは軽い雑談や、戸田さんのメーカーの医薬品数種の話題で意見を言うくらいで、特段親しい付き合いもないし、もちろんプリバートな関係ではない。
    要するに、戸田さんの肉体営業の噂は本当だったのだ。

    俺は病院の薬審という委員会のメンバーで、当然ながらボスの意向にすべてしたがって、新しい薬の院内・院外採用について意見を言うポジションにいる。
    ボスの意向は絶対なので、委員会はもっぱら、ボスの意見と、他の医者の希望を調整し、採用の理論付けをする仕事だ。
    戸田さんは営業戦略として、当然病院内のパワーバランスと薬審委員会メンバーの構成を把握し、俺を落として間接的にボスを篭絡し、自社製品の採用枠を増やすこと、および採用取り消しを防ぐべく行動したつもりのようだ。


    別の日、職場のある地域で、戸田さんのメーカーが製品の臨床研究に関する勉強会を開催した。
    こういう場合、医者はカンパで1000円ほど包んで担当者に渡して会場に入る。
    んで、俺も会場にはいったところで、戸田さんが待っていた。

    戸田「○○先生、こんばんは! 今日はおいでいただきありがとうございます」
    俺「ああ、いえ、勉強さしてもらいますよwwwwww」
    戸田「はいwww あっ、これ、俺先生の資料です!どうぞ」

    戸田さんは俺に、お薬の臨床研究のデータや、偉いお医者さんのありがたいお言葉が満載のパンフレットが入ったA4の茶封筒をくれた。

    俺「はいはいはいwww」

    いつものことなので、何気なく受け取り、適当に空いた席に座って、茶封筒を開いた。
    なんてことない、上に書いたような資料、パンフがでてきたんだが、もう一つ、見慣れないもんがまぎれてた。

    「○○先生、戸田です」
    って手書きで記された、かわいくて小さな封筒。
    くまちゃんのシールで閉じられている。

    「○○先生へ、お話したいことがあるんですが、終わったあとにこのメールアドレスまでメールを頂けないでしょうか?
     突然のことで申し訳ありません。
     予定がありましたらそのまま破棄していただいて結構です。失礼しました」

    と、丸文字でしたためられた便箋だ。
    書いてあったメアドは、おそらく戸田さんの私的なケータイ。
    いつもは業務用で社から貸与されているケータイで連絡するのだが…これは?

    俺「びっくりしましたwww どうしたんですかいったい?」
    勉強会がはけて、戸田さんにメールで連絡を入れると、9時に王子ホテルまで来ていただけないでしょうか?と帰ってきた。
    俺は特に用事ないし、戸田さんとお会いできるならと、オーケー。

    戸田「○○先生、ご迷惑ではなかったですか?」
    俺「いやいや、どうせ俺ヒマですからwwwwww」
    俺「それより用って何?」
    戸田「ちょっとお酒でも飲みながら、ではダメですか?」
    俺「いやいやwww いいよ全然www 急ぐ話でもないんでしょ?wwww」
    戸田「はい、じゃあ、上のラウンジへ行きましょうか」
    というわけで冒頭に戻る。

    酒を数杯と、ソーセージの盛り合わせを頼んで話していたが、いつの間にか、
    戸田「○○先生!」ではなく、
    戸田「○○さん」という感じでくだけた雰囲気で語っていた。
    戸田「それで… あーー、すいません、ちょっと酔っ払いすぎちゃってみたいでー」
    俺「あの、戸田ちゃん、大丈夫? トイレ行く?」
    戸田さんが顔も赤くなっていないのに、やたらと滑舌も悪くふらふらするようになった。突然。

    戸田「○○さぁぁん、ちょっとやばいですー あのーー」
    俺「やばそうじゃん」
    戸田「はいっ、あのぉ、今日、仕事が残ってるから、このホテルに部屋とってるんです、そのー、そこまで連れてって、 休ませてくれませんか?」

    部屋とるって何の根回し?
    と思ったが、とりあえずラウンジ内で吐いたら大恥だと思ったし、明らかに変になってる戸田さんが不憫だったので、戸田さんに差し出されたキーのナンバーの部屋まで伴った。

    彼女は部屋に入るなり、俺の背中に急に抱きついてきた。

    戸田「○○さぁん いい気持ちいい」
    俺「おい」

    混乱したが、そのままベッドに押し倒されて、マウスツーマウスでふさがれた。
    さすがにどうしたらいいか分からなかったが、酩酊状態で下手なことになり、それが後から発覚した場合、最悪、準強姦という憂き目にあい、刑事罰、医道審議会送りになりかねない。
    夢中で戸田さんの上半身を力いっぱい起こした

    戸田「あっ、ちょっと○○さん…」

    乱暴だったかもしれない。
    腕で強引に払いのけてしまった。

    戸田「お、○○さん… もしかして迷惑ですか…?」
    俺「いや、そんなことないけど…」
    戸田「じゃあじっとしていてください・・・」
    と、戸田は俺のベルトをかちゃかちゃやり、ズボンを脱がして下半身を露出させた。

    戸田「…」

    何も言わず、俺のち●ぽをくわえる戸田。

    戸田のフ●ラは普通にへたくそだった。
    俺は歯が当たらないソフトフ●ラが好きなのだが、彼女のは前歯が上下ともサオをなでさすり、しかも音もジュパジュパなる、下品で全くなってないテクだった。

    だが、逆にプロのような洗練された技でないところに素人加減を感じ、普段の戸田さんとのギャップを感じ、最高潮に勃起してしまった。

    その後、二人して風呂へ。
    風呂場で、戸田さんが、
    戸田「○○さんって、こういうの慣れてないんですか?」ククククク
    などと聞いてきた。
    俺「うん、いや、そんなことふぁじおあうぇrjふぁそいfjぁmぽふぃj」

    正直なところ、俺は学生時代に付き合った劣化友近先輩以外、ソープや本サロでの経験しかなかった。
    俺の焦れた態度を見て覚ったのか、二人で風呂に入りながら、何も言わず、再び戸田さんは俺のち●ぽをくわえた。

    じゅっぷじゅっぷされてると、他に何も考えられない。
    この瞬間、俺は戸田さんに負けたと思った。
    何のことか分からないが、屈辱を感じた。
    きっとこのクソビッチは、今まで何本もこうやってジュプって来たに違いない。
    言い知れない敗北感だった。

    それを覚られないためかどうか、衝動的に、俺は戸田さんの口からち●ぽを強引に抜き取り、彼女を浴槽のへりに座らせ、あそこを観音開きにさせた。
    嫌がっていたが、強引に開いてやった。
    そこは、毛が意外な濃さで密集してはいたが、臭くなくビラビラも小さかったしピンクだった。
    俺は情けない気持ちで戸田のま●こを舐めた。
    舐めに舐めた。途中でケツの穴も懸命に舐めた。舐めに舐めた。
    戸田はケツの穴を舐められることに驚き、嫌がったが、そのふさぐ手を押しのけ、舌をスクリューのようにケツ穴に押し込み
    直腸を通り、S状結腸、下行結腸、横行結腸、上行結腸、回腸、空腸、十二指腸に届く勢いで舐めまくった。

    戸田「わひゃwww うぅww あひゃぁああwww だめ○○さんwwwww」

    ケツ穴を堪能しただろう。
    俺も堪能した。

    しばらくしてからクリに集中して舌スクリューを押し当て続け、20分くらい湯船の湯もいい感じに冷え、舌が疲れてきたころ、戸田はイッた。

    戸田「すごいです○○さん…センターオブジアースに乗ってるときみたいにしゅごーーって気持ちよくなりました」
    とかわけのわかんない例えをした戸田。
    ほんの少しだけ勝てた気がした。

    その後、正常位で二発イッた。

    薬審はまだ終わっていない。
    戸田はホテルで薬審について一切触れなかった。
    この後の成り行きで、また戸田の肉体を味わうことになるか?なったらいいな。
    言い忘れたが、戸田は貧乳です。


    終わり


    ― 補足 ―

    風俗でしかほとんど本番したことないんだが、正常位で突いてるときって、あんま女は「あふん、あふn」とか言わなかった。
    風俗のやつら演技しすぎ。

    戸田は、10回突く合間に、
    「んん…? はっ…」
    とか言うだけ。
    戸田のやつやっぱり接待だからって演技してなかったんだな。
    あと締りは結構良かった。
    遅漏気味と思ってたが、あっさりイケた。
    びっちだとかってよりも、25歳でまあまあ若かったからと思う。

    途中、騎乗位もしてくれたけど、AVで見るような腰を前後にコシュコシュやるんじゃなくて、前かがみで俺の方に両手置いて、ち●ぽを出し入れするタイプのやつ。

    ちなみに王子ホテルはラブホじゃなくて、俺の地域じゃ結構いいホテルなんだが、ゴムは当然用意してない。
    でも戸田が持ってた。
    ヴィトンの財布から3つ、緑のゴムを出しやがった。

    それで、いつも風俗では嬢が着けてくれるもんだから、戸田が着けてくれるんだろうと思ってたが、一向にその気配がない。
    ゴム出しといて、さては生でさせてくれるのかと思ってつっこもうとしたら、戸田のやつが慌てて
    戸田「今日はダメな日なのでお願いします!」
    とか言いやがった。
    じゃあお前がつけろ屋。

    俺のスペック
    年齢34
    病院1200万
    実収1500万弱
    医者ではなく職員だが人を眠らす特殊な仕事についてる。眠らせ、目覚めさす。

    言い忘れのいい忘れだが、戸田は貧乳なのとレーズンみたいな乳首だったぞ。
    下着は何かテラテラした赤紫で黒い水玉模様、上下にリボンとかフリルがついたやつ。
    ケツ穴は苦いとか良く言うが、味はしなかった。
    漫湖からぬるっとした汁が垂れてきて、それでぬめりと酸っぱさがプラスされたが。

    レーズン乳首って、根元がきゅっとくびれてる。
    それを見てるとどっかに引っ掛けるか、バスタオルで拭いてるだけで乳首取れそうで怖い。
    だが、レーズンも舐めた。
    戸田のレーズンは肌色で乳よりちょっと色が濃いくらい。
    ころころころころねぶった。もう取れそうなほどに。

    戸田「あ、うん… ふうん…」
    とか戸田恵梨香に似た顔をゆがませてあえぎやがった。
    さらに、頭部を左右に高速に動かしながら舌で乳首を舐めまくってやると、
    戸田「…ッ…!」ビクン
    とかなった。
    はじめてやったけど今後採用することにする。

    あと、正常位と騎乗位だけでバックをしなかったのは、ち●ぽが短すぎてバックだと亀頭だけしか入らず、ピストンするだけで抜ける。それだけ!

    戸田ありがとね!!!

    この体験談に『いいね!』投票したユーザー

    体験談を投稿すると自動的にその体験談に投稿者自身の上げ投票が1票投票されます。
    投稿者名『コピペさん』や『コピペさん@XXX』(XXXは任意の文字)の投稿は2ちゃんねるからのコピペになります。詳細