一夜限りのアバンチュールや不倫、セフレ、近親相姦、中出し、SM、露出、寝取り等々...みんなのエッチ体験告白サイト!
ユーザー登録 | ログイン | 検索
 ユニークユーザー
本日 
昨日 

みんなのエッチ体験談

ユーザー名:

パスワード:

ログイン情報を保持:
身近な人には話せない、でも誰かに聞いて欲しい・・・そんな秘密のエッチ体験談をあなたも投稿してみませんか!!
  • みんなのエッチ体験談の投稿はこちらから、サイトの機能説明はこちらからご覧いただけます。
  • 体験談に表記されている 『投稿者名』 をクリックすると、その投稿者が今までに投稿した全ての体験談をまとめて閲覧できます。
  • ユーザー登録&ログインせずに投稿された体験談の投稿者名は 『匿名』 と表記されます。
  • 少し前、部下の結婚式に出た。
    真っ白なドレスの袖から出ていたむちむちの二の腕や、ドレスを大きくふくらませている胸。
    新郎と腕を組みながらキャンドルの時に微笑まれたときは切なかった。


    数年前の忘年会の日、車で来た俺は、4つ下の部下のA子を送っていくことになった。
    直属の部下だし、泥酔しているし、車で来ていたのは俺だけ。
    ところが、家を教えてくれないどころか「ホテル行こ」と誘ってくる。
    しまいには腕を掴んだり、頭をポカポカ叩いてきたり、シフトレバーをイタズラし始めたので、運転の危険を感じ部屋で休ませることにした。
    付き合い始めた彼女の顔が目に浮かんだが、A子は親分肌で、仕事の段取りから宴会まで仕切るのが大好き。
    恋愛対象とは見ていなかったので「何もしなければ」と安易に思った。

    部屋に入り、コートだけ脱がせ、ベッドに横たえたあと、することがないので風呂に入り、ガウンを着て出ると、A子はパンティとブラだけ付けた下着姿になって、寝息を立てていた。
    まさか、同僚の裸を見ることになるとは……
    ブラに包まれた上乳や、パンティ越しの股間の膨らみ。
    指でそっと触れると、ふっくらして汗ばんでいた。

    しばらくA子の寝姿をながめ、携帯を取り出し、顔を外して胸やパンティ姿を撮ると、ベッドの端に移って寝ることにした。
    ジュニアが大きくなっていたが、まさか部下の前で発射するわけにはいかないので、ぐっとこらえた。

    うとうとしかけたとき、体に重みを感じて唇が塞がれた。
    「A子さん……」
    「Bくん(彼氏?)……しよ」そう言いながら、パンツの上からジュニアを掴まれた。
    「うっ」パンツの中に手を入れられ、少し握ると
    「大きくなってる……私も」と仰向けになった。
    既にブラは外されていて、大きなバストと、ピンク色の大きめの乳輪が目に入った。
    彼女よりも大きくて、柔らかい胸だ。
    お腹も少し出ているが却ってムチムチしていて抱き心地はよさそうだ。

    俺は本能的に胸を両側から包みこむと「んくっ、んんっ」と鼻を鳴らし始め、乳首をナメると「ああんっ」とのけぞった。
    その声を聞いて理性がなくなった俺は、下半身に手を回し、パンティの中に手を入れると、股間は大洪水。
    割れ目に指を滑らせ、クリを軽くなでるだけで「ああんっ、あっ」と仰け反った。
    左手でA子を腕枕してそのままバストを揉み、唇はうなじをなめまわし、右手で股間を弄んでいると、真っ赤な顔をしたA子の声が大きくなった。
    「あんっ、凄い……気持ちいい……んんっ、何かいつもと違うよ…………あれ!!」
    A子は固まった。
    「えっ、なんで係長が……」

    俺は股間とうなじへの攻めはやめたが、肩を軽く抱いたまま経緯を話した。
    「そうなんだ……すみません」
    「A子さん、記憶が飛んでいたんだ……酔いが覚めたのなら、帰る??」
    「でも……ねえ、折角だからしていきませんか?」
    「えっ、いいの?? 彼氏に悪くないの??」
    A子は恥ずかしそうにうなずいた。

    「係長の大きくなってる」とA子は手でしごき出したので、ストップしてもらった。
    彼女との行き違いでご無沙汰していたし、さっきから同僚の裸を見たり触ったりしているうちにジュニアが耐え切れなさそうなのだ。

    「入れる??」
    「そうだね」
    起き上がった俺は、A子の股間に回りこむと、脚を開いた。
    「ねえ、係長」
    「??」
    「何か知っている人に見られるの、恥ずかしいな」
    「あっ、そうそう」
    枕元に手を伸ばすと
    「今日はいいよ。ゴムすると痛いから」と生のお許しが。
    そのまま、ジュニアを挿し込むと
    「ああああっ」
    いつもの明るい親分肌のA子ではなく、気持よさそうなA子が顎を突き出し、喘いでいた。
    彼女より少しだけゆるいが、A子の中はひくひくと動いている。

    普段は制服の黒いストッキングに包まれているA子のムチムチの脚を抱え、たぷたぷとふるえている胸、普段とは違う、それでも毎日のように顔を合わせているA子の気持よさそうな顔。
    そんなA子を見ながらジュニアを突き立てると、突然、イキそうになってきた。
    「A子、ごめん……イキそう」
    「えっ、もう……?」
    「だって、A子の中……ごめん!」
    ジュニアを抜くと、A子のお腹に降りかけた。

    シャワーを浴び、お互いに洗いっこして、少ししゃぶってもらっただけで復活。
    てか、A子おしゃぶり上手すぎ……。
    ベッドに戻っての2回戦はなんとか俺がリードし、騎乗位でA子が2回ほどイったあと、「中に頂戴」と言われるまま中に出してしまった……

    既に夜中の2時だが、これでお泊りしてしまうと、お互い好きになってしまいそうな気がして帰ることにした。
    こういう所は意見が一致する、というか、同じような性格なのが分かっているから無意識に距離を置いていたのかもしれない。


    その後、会社では何事も無かったように過ごし、結局、俺は彼女と結婚。
    式には職場から上司と男性社員が出たため、A子がいないことにほっとした。
    嫁に対しては胸が痛むと同時に自分は一生十字架を背負って行くんだと思い知らされた。

    そして、A子はSEXした時とは別の男と結婚。
    直属の上司の俺に招待状が来るのは当然のことだった。

    この体験談に『いいね!』投票したユーザー

    体験談を投稿すると自動的にその体験談に投稿者自身の上げ投票が1票投票されます。
    投稿者名『コピペさん』や『コピペさん@XXX』(XXXは任意の文字)の投稿は2ちゃんねるからのコピペになります。詳細