一夜限りのアバンチュールや不倫、セフレ、近親相姦、中出し、SM、露出、寝取り等々...みんなのエッチ体験告白サイト!
ユーザー登録 | ログイン | 検索
 ユニークユーザー
本日 
昨日 

みんなのエッチ体験談

ユーザー名:

パスワード:

ログイン情報を保持:
身近な人には話せない、でも誰かに聞いて欲しい・・・そんな秘密のエッチ体験談をあなたも投稿してみませんか!!
  • みんなのエッチ体験談の投稿はこちらから、サイトの機能説明はこちらからご覧いただけます。
  • 体験談に表記されている 『投稿者名』 をクリックすると、その投稿者が今までに投稿した全ての体験談をまとめて閲覧できます。
  • ユーザー登録&ログインせずに投稿された体験談の投稿者名は 『匿名』 と表記されます。
  • 3
    いいね!
    今やもう昔の話だからいいけど、彼氏の携帯で知らない女が全裸でピースしてから、おちんちんを咥えて美味しそうにしゃぶる動画見た時は心臓破裂するかと思った。

    カメラにいやらしい口元が映るように、その女の子の長い髪の毛をかきあげる手には私がプレゼントしたミサンガが巻かれていて、彼氏の手だと確信した。
    「すげーイイよ」と優しく話しかける声とぴちゃぴちゃ言う音も入ってて凍りついてしまった。

    それ以来彼氏の携帯動画を漁る癖がついてしまったね…
    いろいろあったなあ…

    その彼がかなりの浮気症なのはわかってたけど、同棲まで持ち込めば大丈夫だと踏んだ私が甘かった。
    彼がお風呂入ると震える指で携帯を見てはショック受けたなあ…

    おっぱいがすごく大きい女の子が笑ってて、そこに伸びる彼の手…
    白いおっぱいを鷲掴みにしたり揉んだり、乳首を優しく摘んだり…
    その度に「アアンッ」ていやらしい声を上げては身をよじる女の子…

    そのうち画像は動いて…
    女の子のアソコのアップの動画…
    湿らせた2本の指で女の子のアソコを刺激する様子が…
    喘ぎ声は更に激しくなり…

    私もからだの震えが止まらなかった。

    動画は一度途切れて、次の動画を再生すると、女の子のオマ○コに指を出し入れする画像。
    最初は一本でゆっくりゆっくり出し入れ、女の子の喘ぎ声に合わせて、徐々に激しく、指を左右に回転させたり、2本入れる頃には女の子の声は泣き声のようになり、腰も激しく振ってるのか画像がぶれる。

    もう、私は喉カラカラでお風呂場の様子もうかがいつつ、次の動画を再生すると所謂ハメ撮りでしょうか?
    オマ○コにおちんちんをこすりつけて女の子を挑発する彼。
    見慣れたおちんちんの筈が携帯動画だと巨大に見える。
    「もうお願い」と言うか細い声。
    「入れるぞ」という彼の声。
    弄られまくってねっとりしたオマ○コに、私の彼氏のおちんちんが入っていく。
    歓喜の声を上げる女の子は激しく腰を振って、ズブズブ入るおちんちん。
    「アアッ!イイ!」
    そんな叫び声の後は、画像がぶれてなんだかわからない。
    けど、肉と肉がぶつかり合う「パンパン」という音。
    クチャクチャといういやらしい音が入ってて…


    見てはいけないと思いつつ、彼の浮気の証拠を毎日チェックするのが日課になってしまった。
    彼氏の携帯はロックかかってたけど、ナンバーを解読するのなんて簡単です。
    詰めが甘いのだよ、彼氏よ。
    勿論メールもチェックしたけど当然真っ黒。
    腹が立ったのは私が夜勤(仕事は看護師)の時に浮気してたこと。
    「サミシ~ヨ~」なんて私にメールしておきながら、ちゃっかり他の子とヤッてる。
    しかもこの部屋に入れてる!
    これは現場をどうしてもおさえたい…
    そう決心した私は、夜勤のダミーを組んだ。

    夜勤を装い夕方出勤。
    珍しく「送るよ」と言う彼氏に少し驚くがひとりで出る。
    とりあえず、人目につかないようによく行くネットカフェで時間を潰して、そろそろかな…と夜中にマンションへ帰る。
    窓の灯りがついてない模様。
    まだ帰ってないのかも知れない…と思いつつそーっと玄関の鍵をあける。
    鍵が「カチャ」って言わないようにそーっと開けて少しドアを開けると…
    もう聞こえてきた
    「アアン~モウ!」って言う甘い女の声。

    うちのマンションは玄関から左右にキッチンやトイレ、寝室、浴室があり一番奥がリビング。
    声はリビングから聞こえてくる。
    そーっと上がり、どうしようか一瞬迷うと、なにやらゴソゴソと立ち上がる気配。
    とっさに何故か寝室に逃げ込む私。
    何故逃げなきゃならんのかわからぬまま、とっさにクローゼットに隠れてしまう。
    私が隠れる筋合いはないのに、何故かそうしてしまったのだ。
    キッチンの冷蔵庫を漁る音、缶ビールの「プシュ」の音がしてしばらくして2人が…来た…

    蛇腹のクローゼットの隙間からのぞくと缶ビールを手に、絡みあいながら来る彼氏と知らない女。
    携帯動画の女とも違う、ちょっとギャルっぽい見た目。
    既にキャミソールにパンティ一枚。
    ブラジャーもしていないらしく、乳首の突起が目立つ。
    ベッドに座らせながら、ビール持つ手とは反対の手を回して、彼女の後ろからおっぱいを揉む彼氏。
    「アア~ン、またなの?」と言いながら彼氏とキスをして舌を絡める女。
    心臓バクバクな私。
    激しくキスしながら彼女を押し倒し、ちゃっかりビールはサイドテーブルに置く彼氏。
    キャミソールを託し上げると、白くて大きなおっぱいがこぼれる。
    彼氏が巨乳フェチなのはわかってるけど…
    目の前にするとやはり落ち込む…

    白くて柔らかそうなおっぱいをヤワヤワと揉むと、彼氏は音を立てながら乳首を舐めはじめた。
    「アアッ!アアッ」とすぐに感じはじめる女。
    「ユカはスゲーエロいよな。さっきあんなにさあー」
    最近は聞かないくらい楽し気な彼氏の声。
    「だあってえ~、いっぱいイジメるからあ~」
    甘い声で返す女。
    この馬鹿やろうども!と思いつつ見入ってる私。
    「またイジメてやろうっと」
    そう言うと女の腰を抱え上げてアソコをぴちゃぴちゃと舐めはじめる彼氏。
    ヨガリまくる女。
    私の時よりずーっと執拗に舐めまくる。

    「タマんねえ!エロい匂いしまくってるぞ!俺のもしゃぶれよ!」
    そう言うと女の子の顔にまたがるカタチでフェラさせはじめる彼氏。
    「じゅる、じゅる」と半分体を起こしながらおちんちん口いっぱいに頬張り舐めまくる女。

    「ああ!いい!もう入れるぞ!」
    そう言うと彼氏は女の股をひらいて正常位で挿入をはじめる。
    「スゲエよ、ユカのオマ○コヌルヌルなのに…嗚呼シマッテルぜ!」
    感嘆の声を上げながらピストン運動をはじめる彼氏。
    「アアッアアッ!に、2回目なのに、もう、イイ!」
    女は激しく腰を彼氏に打ちつけながら足を絡めて、彼氏のお尻をしっかりおさえてオマ○コの奥へ奥へとおちんちんを誘っています。太いおちんちんが女の小さな秘所に激しく出入りするのを、私は不思議な気持ちで見ていました。
    「アアッ!イク!イッチャウ!」
    女の体がひときわ反り返り、彼氏のお尻を掴む手に力が入ると、彼氏はピストン運動を加速します。
    パン!パン!パンパン!
    そんな音と共に女の悲鳴じみた声が響き…
    そして一瞬静寂が訪れました。

    「まだ休んじゃダメだよ」
    そう言うとすぐに腰を振りはじめる彼氏。
    「アアッ!許して!」と泣く女。
    部屋に充満する汗と愛液が混じった匂いがこの不思議な光景は現実なのだと私に突きつけます。
    対面座位でお互いの舌を絡ませ、ユサユサと揺れるおっぱいを鷲掴む彼氏。
    やがてバックの体位をとらせて、激しく腰を打ちつけます。
    女は泣き声を上げながら
    「アアッ!いい!オマ○コがイイ!」
    と自ら恥ずかしい言葉を口にします。
    やがて
    「ああ!いい!俺もイクぞ!」と彼氏は溜息を漏らし、腰の動きも激しくなります。
    「また中に出すぞ!出すぞ!」
    「出して、いっぱい出してえー!」
    そんな馬鹿な!と戸惑う私とは無関係に、2人は果てました。
    ベッドにへたり込み、激しく舌を絡ませる2人…

    私は一体なんなんだろう…
    そんな思いがふつふつと湧き上がります。
    やがて激しいセックスで疲れ果てた2人は眠りに落ちて私はそーっとクローゼットを出ました。
    「このままにはしておけない…」
    しかし自分の尊厳は守りたい。
    携帯を見たり、クローゼットで覗き見したことは言いたくない。
    そう考えた私は、静かにマンションを出ると、玄関を入るところからやりなおした。
    わざとガチャガチャとドアノブを回して、ピンポーンとチャイムをならす。
    「は、はい?!」と慌てた様子の彼氏がドアの中から返事をする。
    「私だよー、具合悪くて変わってもらったの。でも鍵を忘れた…」
    「ええ?!マジっすか!!ちょっと待って!!」

    それから待つこと5分、神妙な顔をした彼氏がドアを開ける。
    「あの…職場の同僚の相談を聞いてたんだ、もう帰るとこなんだけど…」
    そうしどろもどろに言う彼氏。

    その夜の彼氏の情けないサマは見ものでした。
    会社の同僚って言っても彼は営業で、部署に女性がいる話は聞いてない。
    しかもこんなケバいOLいるかよ、な身なり。
    慌てて服を着たんだろうけど、ミニスカートがしわくちゃですよ。
    シャツの上からもわかるカタチのいいおっぱいは女の私でも目がいっちゃう。
    このおっぱい、彼氏のヨダレまみれなんだな~なんて思いながら、リビングに座る。
    ソファを目ざとくチェックすると、生々しいシミのあとあり。
    フローリングに敷いたラグマットはずれてるし。
    突っ込みドコ満載過ぎて面倒くさくなる。
    2人のセックス見てからはもうなんか彼氏への気持ちはさめてるし。

    「体調悪いし、いろいろ聞くのしんどいから私は寝たい。」
    むねを伝えて、2人で後は話すなりなんなりしてね、と言うと
    「彼女を送ってくる」とマンションを出る彼氏とふてくされ気味の女。

    私はベッドからシーツを引っ剥がしてゴミ袋に突っ込みドアに鍵とチェーンをかけてワインで眠剤をガブ飲みして、安らかに翌日昼まで寝てやった。
    起きたらメールに着信履歴がドッサリ。
    無理もない、ジャージ姿じゃ彼氏も仕事行けなかっただろう。

    午後イッパイかけて彼氏の持ち物を仕分けして、ゴミ袋につめて玄関に並べる。
    帰って来た彼氏は当然言い訳をはじめるが私は聞く耳もたず。
    一週間以内に出て行くように言い渡した。

    私から惚れまくった遊び人の彼だったけど、やはり高い勉強料になりました。
    歩くおちんちんだったあの彼氏は本当にいろいろやらかしてくれました。
    今どこでどうしてるか…

    この体験談に『いいね!』投票したユーザー

    体験談を投稿すると自動的にその体験談に投稿者自身の上げ投票が1票投票されます。
    投稿者名『コピペさん』や『コピペさん@XXX』(XXXは任意の文字)の投稿は2ちゃんねるからのコピペになります。詳細