一夜限りのアバンチュールや不倫、セフレ、近親相姦、中出し、SM、露出、寝取り等々...みんなのエッチ体験告白サイト!
ユーザー登録 | ログイン | 検索
 ユニークユーザー
本日 
昨日 

みんなのエッチ体験談

ユーザー名:

パスワード:

ログイン情報を保持:
身近な人には話せない、でも誰かに聞いて欲しい・・・そんな秘密のエッチ体験談をあなたも投稿してみませんか!!
  • みんなのエッチ体験談の投稿はこちらから、サイトの機能説明はこちらからご覧いただけます。
  • 体験談に表記されている 『投稿者名』 をクリックすると、その投稿者が今までに投稿した全ての体験談をまとめて閲覧できます。
  • ユーザー登録&ログインせずに投稿された体験談の投稿者名は 『匿名』 と表記されます。
  • 5
    いいね!
    思い出なんでちょっと長くなるかもしれないけどなるべく簡潔に書く。

    Sさんという3つ年上の女性と知り合った。
    Sさんと俺はお互いマイナーな趣味があって恋愛関係抜きでよく遊びに行ってた。
    厳密に言うとSさんは美人だったので俺がちょっと好きになって軽くモーションかけたんだけど、友達関係でいましょうということをにおわされてやんわり断られた。

    友達付き合いが数年続いて、最初は趣味の友達だったのがわりと気さくに何でも話せるようになった。
    その間、俺は彼女が出来たりしたんだけどSさんはずっと彼氏がいなかった。

    恋愛がらみの話はあまりしなかったんだけど、ある時
    「彼氏とか作らないの?」
    と聞いたら
    「面倒くさいからそういうのはもう良い」
    という返事だった。

    それから時々恋愛の話をするようになったけど、
    ベタベタしたりされたり記念日を祝ったりするのは面倒くさい、
    セックスもあまり好きじゃない、
    結婚して他人と一緒に生活したくない、
    子どもは欲しくない、
    そういう人だった。

    ある時、Sさんがちょっとしたトラブルに巻き込まれた。
    そのトラブル自体は俺がいなくてもいずれ解決しただろうけど、俺が相談に乗ってあげて、わりと早く解決した。
    お礼がしたいと言われて一人暮らしの部屋に呼ばれて、手作りの食事をごちそうになった。
    昼だったし、長い友達付き合いだから女性の部屋に呼ばれたからって別に舞い上がるでもなく、普通に夕方には帰ろうとした。

    Sさんと駅まで歩いていると途中で大きな公園があって、
    「少し散歩しない?」
    と誘われた。
    池のまわりをブラブラ散歩してると俺のつかず離れずの距離感が心地良い、と言い出した。
    それで、もし良かったらこの距離感を保ったまま恋人として付き合ってくれない?と告白された。
    その時には彼女はいなかったし、美人で一度は付き合いたいと思った女性だから
    「こちらこそよろしく」
    と返事した。

    恋人がバイバイするには早い時間だったけど、この距離感、というのはベタベタされるのは嫌いって言っていたし
    「お前は俺の女だ」みたいな扱いは嫌なんだろうな、と思ったから
    「付き合うのは良いとして、今日はこれからどうする?」
    と聞いた。
    朝から料理の用意をして疲れたから今日はバイバイしよう、というのでその日は別れた。

    付き合い始めたからって毎日電話やメールしたりするのは嫌がる人だから会わない日は以前とは大して変わらなかった。
    お互いの呼び方も、相変わらず「Sさん」「Mくん」と名字で呼び合った。

    告白された翌週、今度はSさんが夕方俺の部屋に来た。
    今度は俺が料理して、それを食べた後セックスした。
    Sさんは数年ぶりのセックスで痛がったので、俺は射精しないで止めた。
    2回目からは痛がらなかったけど、しばらくはほとんどマグロだった。
    チンコをグロいと言って、フェラも最初の一回しかしてくれなかった。
    誘えば一応セックスには応じてくれるけどあまり気が進まないようだったので、会う度にセックスというわけにはいかなかった。

    しかし何ヶ月かすると
    「今までセックスで気持ち良くなったことがないんだけど、だんだん気持ち良くなってきた」
    と言ってくれた。
    前戯で時々声を出すようになったので丁寧に愛撫してから挿入すると、入れてからも声を出すようになった。

    だんだん性感が開発されると自分からセックスしたがったり、愛撫の最中にも
    「もう入れて」
    とおねだりするようになってきた。
    一度出して俺がへばると、立たせて二回戦目をするために嫌いだったフェラも進んでするようになった。

    そして、Sさんにとって何よりタブーだった生挿入も自分からしたがるようになった。
    子どもを絶対つくりたくないSさんにとって生で入れたがる男は軽蔑の対象で、過去に一度だけSさんが一目惚れした相手が最初のセックスで生で入れようとした途端に嫌いになってその場で別れてホテルを出た、という話を聞いていたので
    「本当に入れて良いの?」
    と何度も確認をした。

    最初のうちは
    「ちょっとだけ入れて、入れてみたらガマン汁が出る前にゴムを付けて」
    という感じだった。
    しかし何度か生で入れてるうちに気持ちよすぎて途中で抜くのを嫌がるようになった。

    それでちょっと早めに抜いてフェラと手コキで出していたけど、ある時、
    「今日は最悪中に出ても大丈夫だから、最後まで突いて」
    と言われた。
    外だしって結構難しくて、
    「あ、出そう!」
    と思って抜こうとしても奥まで突いていると深くつながっているので抜くのがワンテンポ遅れてしまい、ちょっとだけ中に出してしまった。

    それでも生理は来たので、避妊がルーズになってSさんが大丈夫という日には普通に中出しするようになった。
    「もし子どもが出来たらどうする? 俺と結婚する?」
    と聞いても
    「それは困る。堕ろすのは可哀相だから産むけど、結婚はしない」
    と言っていたので結婚狙いの中出しOKではなかったと思う。
    もっとも、俺は結婚でも全然良かったけど。

    Sさんの生理の周期はあまり乱れがなくて、携帯の女性向けサイトの予測通りに生理が来ていた。
    だから妊娠しやすい排卵日前後はゴムを付けて、それ以外は生挿入外出して、安全日には中出しセックスを1年ほど続けた。
    それでも妊娠はしなかった。

    付き合って2年ほどすると相手への気遣いもサボりがちになって、些細なことからすれ違いが多くなって、結局別れてしまった。

    過去の彼女にはピルを飲んでる子もいて中出しは普通にしてたけど、妊娠するかもしれない相手との中出しはまた格別だったように思う。

    この体験談に『いいね!』投票したユーザー

    体験談を投稿すると自動的にその体験談に投稿者自身の上げ投票が1票投票されます。
    投稿者名『コピペさん』や『コピペさん@XXX』(XXXは任意の文字)の投稿は2ちゃんねるからのコピペになります。詳細