アバンチュールスタイル - 俺のおしっこを飲めたらつき合ってもいいよ http://www.aventurestyle.com/h/story.php?title=%E4%BF%BA%E3%81%AE%E3%81%8A%E3%81%97%E3%81%A3%E3%81%93%E3%82%92%E9%A3%B2%E3%82%81%E3%81%9F%E3%82%89%E3%81%A4%E3%81%8D%E5%90%88%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%82%82%E3%81%84%E3%81%84%E3%82%88 中学生の時、優子という同級生が「あなたのことが好きで好きでたまらない」と告白してきた。 俺はどちらかというと何を取っても普通で、特に人気者でもなかったし、そこまで好かれる理由がないと思っていた。 そこで「からかっているのだろう」と閃いて、悔しくなり逆にからかうつもりで 「俺のおしっこを飲めたらつき合ってもいいよ」と返してみた。 すかさずひっぱたかれることを想定して身構えたのだが、心底驚いた顔で固まっている。 「あれ?」と思って俺の方も少々パニックになり始めていると、優子は俯きながら、 「ここでは無理だけど、家に来てくれたら出来るかも」との答えが! ビックリしつつも、取りあえずこれも罠かもしれないと思って、強気で優子の家に着いて行くことにした。 玄関の外で待たされて、先に優子が自宅に... Sun, 05 Aug 2012 01:30:28 JST ja